山羊座|2018年の秋の夜空~探し方と星座の物語

秋の星座
スポンサーリンク

夏の夜空で有名なのは、夏の大三角形ですが、
秋の夜空ってどんな星座が浮かび上がっているのでしょうか。

秋の星座から、秋を代表する星座の一つに、
「やぎ座」があります。

やぎは山の羊と書いて「山羊」ですね。

概要

秋のはじめに、南の空に見えます。

12個ほどの強く輝く星からできるハート型のような星座です。
逆三角形の型をしています。
周辺には、肉眼で確認できる星数は80個ほどあります。

頭は山羊で、尾の部分は魚になっているという、不思議な動物の姿を表しています。
右に並んでいる二つの星が、山羊の角で、左はじが尾にあたります。

探し方

改めて書きますが、大規模な逆三角形のような状態で描写されている星座で、いて座の隣に位置しています。

それでは見つけ方ですが、南の空に眺めて天の川が確認できれば、その東側(左側)に明るい星が光っていない範囲が存在します。
この付近が、やぎ座です。

スポンサーリンク

やぎ座は3等星以下ばかりの星からできているので、空の明るいところではあまり目立ちません。
ですが、空の暗いところからなら、探すのが意外と容易な星座です。
周囲にはそれほど明るい星が無いので、星座表などを参考にして探してみると、案外と見つけられる星座だと思います。

ものがたり

ギリシャ神話によると、やぎ座は、羊飼いの神パーンの変身損ねた姿だと言われています。

神々がナイル川のほとりで宴会をしていたときに、
突然、怪獣テュフォンが現れ、神々はそれぞれに姿を変えて逃げ出しました。
羊飼いの神パーンは大慌てで魚に化けて、ナイル川に飛び込んで逃げようとしました。

しかし、あわてていたために上半身が山羊で、下半身が魚の姿になってしまったという、なんとも間抜けな星座です。

12星座

黄道十二星座の1つでもある、「山羊座」。
前後数日の誤差はありますが、12月22日~1月19日までのひとを山羊座と呼んでいますね。
他にも、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座など皆さんご存知の星座たちです。

コメント

error:Content is protected !!