ペルセウス座|2018年の秋の夜空~探し方と星座の物語

ペルセウス座 秋の星座
スポンサーリンク

秋を彩る星座の主人公が、
「ペルセウス座」です。

ペルセウス座流星群が毎年お盆休みの時期に
見られる流星群なので、知っている方は多いかもしれませんね。

概要

ペルセウス座はアンドロメダ座の西南の方向にある星座です。

退治した怪物メドゥーサの首を持った姿で、
長剣を振りかざす王子のイメージで描かれます。

ペルセウス座

出典:日本大百科全書

探し方

ペルセウス座は、アンドロメダ座の下に位置しており、
カシオペア座とおうし座の「昴」と呼ばれているプレアデス星団との間にあります。

カシオペア座は「W」字の形をしていて、
プレアデス星団は小さな星が集まっているのが見えるので、
どちらも簡単に見つけることができると思います。

ペルセウス座自体は、「人」のような形をしているのですが、
探すのは少し難しいかもしれません。

ものがたり

実はギリシャ神話では結構有名なペルセウスなんです。
ペルセウスの大冒険の物語が伝えられています。

スポンサーリンク

王女ダナエとセウスの間に生まれたペルセウスは、
セリポス島きっての勇敢な若者へと成長しました。

セリポス島には、髪の毛1本1本が蛇で、
その顔を見たものはたちまち石になってしまうという、
恐ろしい魔女メドューサが住んでいました。

ある日、ペルセウスはメデューサ退治にでかけました。
持っていっていたアテナの神の楯に映る、
メデューサの姿をたよりに、みごとメドューサの首を
切り落とすことができました。

このときに流れ出た血から、
伝馬ペガススが誕生しました。

ペルセウスは、
メドューサの首を持ってペガススにノリ、
大空を飛んで故郷に帰ったのでした。

そのメデューサの退治後に
母のせいで生贄にされかけていたアンドロメダを見つける。
ペルセウスは、彼女の父に結婚する許可を得ると、
海の怪獣を倒し、アンドロメダを救って見事結婚するのだった。

コメント

error:Content is protected !!