グルメリポーターの内山信二さんの年齢は?子役から大人へ

リポーター
スポンサーリンク

こんにちわ!アメノ太です。

今日は、内山信二さんを紹介していきます。

内山信二さんと書き出しましたが、「内山くん」の方がしっくりきますね。

その理由は、子役出身でだから!?

大人なのに皆から内山くんと呼ばれている内山信二さんは、子役時のイメージもまだ残っていて、テレビの出演時に共演者に内山くんと呼ばれていますよね。

なので「内山くん」の方がしっくり来ると思うのですがどうでしょうか?

プロフィール

現在では立派な大人の内山信二さんですが、一体何歳なのでしょう。

”くん”と呼ばれているのでまだ若い感じもします。

子役出身なので当然芸歴が長い!

ということは、実は結構な年齢だったりするかもしれません。

内山信二さんは、1981年9月25日生まれで、現在36歳のようです。

そこそこの年齢いっていました。

でも、30代ではまだまだ若手の部類に、入ると思います。

近年では、人生100年時代などと呼ばれていますし、芸能界においても30代は若手と呼ばれていると思います。もしくは、中堅か?

グルメリポーターとして

キャラクターとしては、デブキャラやいじられキャラと言われる分類です。

以前紹介した、石塚さんや彦麻呂さんもデブキャラ(デブタレント)で活動しているグルメリポーターになりますね。

やはり、デブタレントは、その体型から「たくさん食べる」や「美味しそうに食べる」のイメージあるので、グルメリポーターにはうってつけなのでしょうね。

そんなデブタレントの内山くんですが、体重は100kg程のようで石塚さんや彦麻呂さんには及ばないようです。

また、石塚さんには「まいう~」、彦麻呂さんには「宝石箱や~」の決め台詞がありますよね。

あまり知られていませんが、内山くんにも決め台詞があるのです。

それは、「うま山」!

「うまい!内山!」ということなのでしょうか?

事情通

芸歴が長い内山くんなので、芸能界の裏事情や芸能界の生き抜き方など、テレビ番組で聞かれているところをよくみるきがします。

その中でこんな発言をしていました。

「グルメリポーターはゆっくり食べないといけない!」

「ゆっくり食べない、食レポに説得力がでない!」

やはり、食べ物を口に入れた瞬間に「うまい!」は嘘くさく聞こえて説得力がないと言うことなのでしょう。

試練

そんな、デブタレントとして活動している内山くんですが、健康系のテレビ番組で余命6年と診断されたようです。

子供の頃からのポッチャリ体型は、皆の周知のところ。

とはいえ、もともと生活習慣が悪かった為なのか、グルメリポーターとして仕事をしている為なのかはわかりませんが、まだ30代の内山くんにとっては、つらい宣告だったと思います。

1日に何食も食べなくてはならないグルメリポーターとしてこの宣告は、職業病といってもいいのかもしれません。

現在は、食生活を見直し改善されたようです。

今日は以上になります!

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!