阿藤快は豪快かつとてもいい人だった

リポーター
スポンサーリンク

こんにちわ!アメノ太です。

今日は、阿藤快さんを紹介していきます。

阿藤快さんで思い浮かぶのは、あの名台詞だと思います。

ものまねをやる際、名前を言わなくても、あの台詞をいえば、阿藤快のものまねだと100%わかり、皆が周知の所ですね。

森進一さんのものまねは別として、ものまねする時は、はじめに「~のものまねやります」や最後に「~さんでした」と言わなくてはわからないこともしばしば。

ですが・・・

あの名台詞は、似ている似ていないにかかわらずものまねとして成立します。

なので、阿藤快=あの名台詞 ですね!

あの名台詞と言ってだいぶ引っ張って来ましたがそのセリフは・・・

 

「なんだかな~」 ですね。

 

迷台詞の誕生秘話

この「なんだかな~」って阿藤快さんは、どんなときに言っていたのでしょうか?

リポーターとしてしてうまく表現出来ない時やまずい料理を食べて言っていたのでしょうか?

「なんと言えばいいの?わからない!」や「なんだこれは?全然よくないな!(不満がある)」ときに使っていたのか思いました。

が、険悪な雰囲気を和ませるときに、阿藤快さんは言っていたようです。

ネットで検索したら、「なんだかなぁ」の誕生秘話がのっていました。

まとめると

4月にドラマの撮影を行っている時、スタッフとして新入社員が入って来たそうです。

新入社員なので素人。右も左もわからずウロウロするだけ。

そんなまだ何もわからない彼らを怒ってもしょうがない。

その時、「なんだかな~」って言ったのが始まりのようです。

なので、料理がまずい時や怒った時に言ったのではなく、険悪なその場を和ませるために言うのが正しい使い方ですね。

リポーターとして

グルメリポーターとして、この記事を書いていますが、本業は俳優さんです。

私は、俳優さんのイメージはあまりなく、旅番組での出演者・案内人の人って感じです。

そして各地の名物やその土地のお店の物をムシャムシャ食べている画が思い浮かびます。

その旅番組「ぶらり途中下車の旅」で、60回以上も出演しているらしく、この番組イコール阿藤快と言われるくらい旅人として最も知られた人の一人でした。

旅番組といえばご当地グルメをおもいつきますが、番組でも出演時には毎回食べていました。

それも豪快に!

この姿をみて、皆あのご当地グルメを食べたいと思った人は数知れないと思う。

私のその一人で、お饅頭をムシャムシャ食べてるのを見てすごく食べたくなった。

おしとやかに美味しそうに食べるのもいいが、

豪快にかぶりつきムシャムシャ食べるスタイルも見ていると食べたい気持ちにさせる。

この番組でもやはり、前述した「なんだかな~」は言っていた覚えがある。

最近テレビで見ない理由

ご紹介した、阿藤快さんですが、2015年11月15日に自宅でお亡くなりになりました。

死因は、病死で大動脈破裂胸腔内出血という病気で自宅で息を引き取られたようです。

この病気は、大動脈が破裂するもので、生活習慣とも密接に関係しているようです。

阿藤快さんは、プライベートでも食べるのが大好きで、ラーメンには目がなかったようです。

それでは今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、次回の芸能人グルメチャンピオンもよろしくお願いします。

コメント

error:Content is protected !!