木下ゆうかは大食い界の人気者ユーチューバー

こんにちわ!アメノ太です。

今回は、木下ゆうかさんを紹介していきます。

一般人と芸能人の間にいるようなYoutuber。

木下ゆうかは、大食いを得意としてて、Youtube上でフードファイターとして活動をしている。

登録者数は現在444万人であり、食を中心とした動画を上げている。

目覚め

大食いに目覚めたのは高校卒業後。

友人とバイキングにいったときに、皆が30分でギブアップする中、 2時間食べ続けたことで大食いに目覚めたという。

食べ続けるというのは普通、お腹いっぱいになってしまってできないだろう。

外見はほっそりしていて、美しいため、 なかなか多く食べるのか想像がつかないが、本当によく食べる。

観ていてとても気持ちのいい食べっぷりをしている。

天真爛漫な雰囲気も印象的で、どの動画も食べることを楽しんでいるのが伝わってくる。

動画の内容は、自分で調理した、たまご丼(30個乗せ)を食べる動画だったり、食パンを100枚食べる動画である。

自分で食料を調達して、一般家庭にはないような大きな丼に盛り付けをしているのだ。

動画を見ると、量に圧倒されるだろう。

中にはケンタッキーを大量食いをしたり、お餅100個を食べたりしている。

その際、カロリーが10000kcalを超えており、 どのようにしてそのカロリーを消費しているのか気になるところである。

人気者

人気アップロード動画は1000万回再生を超えているものがある。

字幕がついているため、日本国内にとどまらず、 世界各国のユーザーから視聴・コメントがされており、とても人気がある。

中でも一番人気な動画は韓国のインスタントラーメンを食べている動画である。

激辛のインスタントラーメンを体を張って食べている。

商品を提供してくれたのは、いつも韓国の字幕をしてくれている方だという。

辛そうに食べていて、牛乳を飲みつつ完食をしている動画になっている。

やはり、フードファイターからしても、辛いものを食べるときには牛乳は欠かせないのか。

牛乳が、辛いものを抑えてくれるのはわかるが、余計にお腹が膨れてしまいそうだ。

シンプルなのに美味しくてハマる!ごま油そうめんを作って食べていたり、 夏の期間限定のココイチスパイシーカレーなど、 季節に沿った食べ物も紹介しているので視聴してみるのも面白いかもしれない。

木下ゆうかは他にも、丸亀製麺や吉野家などの飲食企業を中心に、多くの企業とタイアップ企画を行っており、 YouTubeのプロモーションCMにも出演している。

YouTuberと聞くと、ただ動画を上げているように思えるが、 食べることが仕事のようなものであり、それを楽しんでやってるのはとても観ていて気持ちいい。

おまけ

ちなみに、韓国はひとり暮らしが急増していて、 独りでご飯を食べる寂しさを紛らわせるために、一緒に夕食を食べるように動画を視聴する人が急増しているらしい。

動画を観つつ、一緒に食事を摂るのも悪くないかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!