水卜麻美は女子アナ界の食いしん坊!

こんにちわ!アメノ太です。

今回は、水卜麻美さんを紹介していきます。

ミトちゃんミトちゃんと、老若男女問わずに人気のある、水卜麻美は日本テレビのアナウンサーである。

名字の「水卜」を皆、「ミト」と読めることから、ミトちゃんと呼ばれているが読み方は、「ミウラ」と読む。

「卜」と書いて「ウラ」と読むのだ。

このカタカナの「ト」に似た文字は、占うという意味があるとのこと。

プロフィール

千葉県市川市出身で、身長は158cm、左利きなんだそう。

体重はマックス時に63キロあったそうで、ぽっちゃり体型が印象だ。

アナウンサーはスレンダーなのが一般の認識の中にあるけれど、それをくつがえすような愛され体型をしている。

水卜は、アナウンサーの中でも近年とても人気だ。

2013年から2017年までの「好きな女性アナウンサーランキング」で、5年連続1位を獲得しているほど人気だ。

様々な番組で司会進行や、ナレーションを担っており、テレビで見ない日はないほどである。

人気ランキングのユーザーコメントでは、「とにかく食いっぷりが最高」とか「食いしん坊キャラが可愛い」などのコメントが多かったそう。

くいしんぼう

それは、入社1年目から務めていた『ヒルナンデス!』ではよく、食レポをしていたからであろう。

毎日2時間も生出演をし、大変な番組をこなした水卜は多くの人に評価される。

しかし、食のイメージが大きくついてしまっているため、プライベートでもご飯を大盛りにするか悩んだりしていたというエピソードもある。

キャラクターが確立されている面では、視聴者が見えないところで苦悩もあるようだ。

街なかで普通に道を歩いていても、視聴者の方からいろいろな食材をもらうことも。

そんな水卜には食レポなのに大食いをしたという伝説がある。

ホテルのバイキングで、豪快な食べっぷりを見せ、しかも美味しそうに全60品をたいらげたというから驚きだ。

素敵なのが、『食べるのが好き』というオーラが出ていること。

仕事を本気で楽しんでいるのが伝わるのが水卜の魅力なのだ。

食レポの仕方も、口に入れた瞬間に嘘くさくコメントするのではなく、普通に食べ始めてかなりいっぱい食べた後にコメントをする。

その姿が新鮮かつ親近感のわく、食レポの仕方になっている。

アナウンサーとして、そして・・・

仕事がバリバリできて、笑顔を絶やさない水卜。

そんな水卜のモットーは「明日は明日の風が吹く」なんだそう。

ミトちゃんの口から出たら、本来の言葉よりも、もっともっとポジティブな印象を受ける。

女性社会のより先頭走り抜けている気がする。

フリーのアナウンサーになるのかどうかも気になるところだが、周りを引き込む力、考えがしっかりしている水卜にこれからもアナウンサーとしてテレビの向こうでたくさん活躍してほしいと切に願う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!